故宮南院から交趾陶工芸まで嘉義を楽しむ旅

3
ハイライト
  • • 故宮博物院の南院の収蔵品を見て回り、アジア文化の美しさを知ります
  • • 台湾寺院の文化修繕に欠かすことのできない板陶窯工芸を学びます
  • • 交趾焼の陶芸体験を通じて手作りの工芸品を作ります
  • • 日本統治時代に造られた蒜頭糖廠を訪れ、台湾糖業鉄道ならではのサトウキビ列車に乗ります
このツアーは嘉義にある故宮院博物館の分院である故宮南院の見学からスタートします。この博物館は伝統水墨画の技法から着想を得た流線型の形をした建物で、それ自体が一つの芸術品となっています。館内にある豊富な収蔵品と企画コンセプトを通して中華やインド、古代ペルシャ文明に跨る長い歴史の中で生まれたアジア芸術の美しさを鑑賞します。

その後は嘉義新港郷の農協が54年の歴史を持つ穀物倉庫をリノベーションした「新農豆食堂」で昼食を摂り、現地の収穫物で作った健康的な加工品などを見て回ります。午後からは「板陶窯文化園区」を訪れ、台湾寺院の修繕に使用される板陶窯による工芸技術や伝統を受け継ぐ職人の熱意を学び、さらに自ら板陶窯を使ってコラージュアートを制作します。ツアーの最後は「蒜頭蔗埕文化園区(蒜頭糖廠)」を訪れ、かつて原料を運ぶ際に活躍した「サトウキビ列車」に乗ります。日本統治時代に台湾で3番目の製糖工場として栄えた当時の雰囲気が体験できます。
故宮院博物館の南院を訪問

▴ 故宮院博物館の南院を訪問

嘉義新港郷の農協が54年の歴史を持つ穀物倉庫をリノベーションした「新農豆食堂」

▴ 嘉義新港郷の農協が54年の歴史を持つ穀物倉庫をリノベーションした「新農豆食堂」

板陶窯文化園区

▴ 板陶窯文化園区

蒜頭蔗埕文化園区(蒜頭糖廠)を見学し、旧時列車を乗ります

▴ 蒜頭蔗埕文化園区(蒜頭糖廠)を見学し、旧時列車を乗ります

日本統治時代に台湾で3番目の製糖工場- 蒜頭蔗埕文化園区(蒜頭糖廠)

▴ 日本統治時代に台湾で3番目の製糖工場- 蒜頭蔗埕文化園区(蒜頭糖廠)

旅行日程

  • 09:00 高鉄嘉義駅にて集合
  • 09:30 故宮院博物館の南院を訪問
  • 12:30 「新農豆食堂」で昼食
  • 14:00 「板陶窯文化園区」を訪れます
  • 15:00 蒜頭蔗埕文化園区(蒜頭糖廠)を見学し、旧時列車を乗ります
  • 17:00 高鉄嘉義駅へ戻り、現地解散
*天候不良や不測の事態が生じた場合、当社がルート変更やスケジュール変更をする権利を留保します。
  • 食事 :
    朝食 : X | 昼食 : O | 夕食 : X
  • 所要時間(送迎含む) :
    8時間
  • 集合場所 :
    高鉄嘉義駅
  • 解散場所 :
    高鉄嘉義駅
  • 参加制限 :
    6‐14名様
  • 言語 :
    日本語

こだわりの MyTaiwanTour

自分の旅をデザイン!

見積依頼

詳細

含まれるもの

  • 日本語ガイド
  • 昼食代
  • 旅程内容について入場料
  • ツアーに関する旅行保険

含まれないもの

  • ホテルと集合場所の間の移動手段
  • お心づけ。(もしガイドとドライバーのサービスに満足いただければ、励みとなりますのでお気持ちを包んであげてください)

キャンセルポリシー

当ツアー最少催行人員は 6 名様となっております。
参加者が少なく催行できない場合は事前にお知らせいたしますが、英語ツアーと合同で最少催行人数に達する場合は、合同ツアーの催行をご紹介いたします。それでも催行できない場合は、返金対応をいたします。

お客様の個人的な事情によりキャンセルされる場合:
出発日より48時間前の場合、ツアー料の全額を返金させていただきます;
出発日より48~24時間以内の場合、ツアー料の50%の返金となります;
出発日より24時間以内の場合、ツアー料の全額返金不可となります。

「ご参加日にノーショー (ご予約者から連絡もないまま、ご指定の時間に現れない)の場合は、ツアー料金100%をノーショーチャージとしていただきます。
※ノーショーとは:混載ツアーの場合、ご指定集合時間からおよそ15分経っても現れないことです;複数日ツアーとカスタマイズツアーの場合:ご指定集合時間からおよそ1時間経っても現れないことです。
大人
1
子 供 (3-12歳)
0
乳幼児 (0-2歳)
0
Original: TWD
小計: TWD
* 最少催行人員は6名様となっております。
* 2日前に要予約 (GMT+8 09:00)
* 開催曜日:火~日

{{ displayArrival?displayArrival:'到着日' }}

{{ displayDeparture?displayDeparture:'出発日' }}